慶良間島のオススメダイビングスポットまとめ!!

- 慶良間島のオススメダイビングスポット「アリガ―」

慶良間島のオススメダイビングスポット「アリガ―」

ダイビングをするなら、沖縄県はとてもダイビングに適した地域として知られています。沖縄の透明度の高い海に潜り、ダイビングを1度経験すると、虜になる方も多いと言われています。
特にその中でも慶良間は、沖縄本島の南西に位置しており、ダイビングの聖地とも言われている地域です。慶良間にはどのようなダイビングポイントがあるのでしょうか。

アリガー

ariari
沖縄県の渡嘉敷島の西側に位置するポイントで、海底は砂地や岩場で浅いところにはリーフがあり、少し沖まで行くと珊瑚等が群生しています。ビーチ側から沖に向かってケーブルが走っている事が特徴的で、アリガーケーブルと呼ばれています。

ケーブルに沿って砂地を沖へ泳いで行くと、水深25メートルあたりのポイントには「沖の根」があり、そこにはヨスジフエダイや、スカシテングダイ等の多くの種類の魚たちが群れているのです。

他にもデバスズメダイの群れ、浅いリーフには、ハマクマノミやクマノミ、ハナビラクマノミ等を沢山見る事が出来ます。タイミングが良ければ、メガネゴンベやサラサゴンベも見る事が出来、比較的いつでもコンディションの良いポイントとして知られています。

特に夏になると、沢山のボートと、ダイバーで賑わっている事でも有名です。最大水深は30メートル程で、初心者からチャレンジする事が出来る事から、とても人気のあるポイントです。

アリガーまとめ

慶良間のアリガーは、ダイビングをするには初心者から上級者まで安心して楽しめる、比較的通年を通してコンディションの良いポイントです。
ダイビングが初めて、ライセンスを取ったばかりと言う方にはぴったりのポイントなので、是非1度、訪れてみてはいかがでしょうか。

ダイビング初心者にオススメのスポットは?

syosinsya
慶良間でダイビングをしたい方でも、ライセンスを取得した後だから不安という方もいるのではないでしょうか。慶良間のアクティビティは、初心者向けにも用意されているところがありますし、事前にダイビングショップを訪れて確認するのも良いでしょう。
では、実際にどんなポイントを気をつければ良いのか説明します。

潮の流れが穏やかなスポット

大物と遭遇する機会は減りますが、それでも慶良間の海は透明感があって、浅瀬でも問題なく水中を楽しむことができます。
潮の流れが穏やかなところは、身体も流されることがないので安心して魚を鑑賞することも可能です。全体的に潮の流れが緩慢なところや着底できる範囲の水深なら問題はないはずです。

ドロップオフがないところ

崖や急な斜面がなく、地面が見えるところがビギナーにはおすすめです。
ドロップオフに墜落すると、危険だけではなく、周囲にも迷惑がかかります。
深い水中にもなるので、スキルがあまりないという方は控えた方が無難でしょう。

景色は見渡せるところで

慶良間でダイビングをする場合は、水中が透き通っているので安心してしまいますが、スポットにより暗いところもあります。ただ、あまり深く潜らないことには心配は要りませんので、水面が見える位置や元に戻れることをしっかりと確認しましょう。慶良間ダイビングをお考えの方は慶良間ダイビング&シュノーケル徹底ガイド|沖楽(おきらく)で情報をチェック。

心配と思ったらショップに相談

料金はかかりますが、マンツーマンで教えてくれるショップや、自身よりも上手なライセンス保持の方を連れてアクティビティをした方が、安全にダイビングができます。
ブランクがあったり、ビギナーの場合にはその旨を相談してみるのもよいでしょう。また、初心者が可能なところでも、実際に泳いでみないと分からないことも多いです。
その場合は、本当に自身のスキルと合っているところなのか判断しましょう。

新着情報

◆2015/07/29
海面に突如として現れた岩場、運瀬は上級者向けのダイビングスポットの情報を更新しました。
◆2015/07/29
大自然の恵みを体験したいなら自津留がお勧めを新規投稿しました。
◆2015/07/27
慶良間島のオススメダイビングスポット「アリガ―」の情報を更新しました。
◆2015/07/16
可愛らしい小さな生物をじっくりと楽しみたいならアイダアイダーの情報を更新しました。
◆2015/07/16
サイトマップの情報を更新しました。